人気のハイブリッドカーは本当に経済的なのか

国内の自動車販売においてハイブリッドカーは人気があります。

燃費が良くて経済的、更には環境にもやさいいイメージを

お持ちの方も多いと思います。

確かに燃費が良くて点や環境にやさしいという点ではまさにその通りだと思います。

しかし経済面においてトータル的に考えるそうでもありません。

ネット上ではこういった試算結果が数多く掲載されています。

ハイブリッドカーは一般車と比べて購入時に価格が数十万円ほど高くなりますが

その価格差を燃費の差で償却する訳です。

しかし一般論としては、約10万キロ以上乗り続けないと

元を取ることは出来ないといわれています。

しかし今の世の中、10年10万キロも乗る方は少ないというのが現実です。

又、バッテリーに対する保証は、5年程ですので、それ以降は

自腹で修理する事になります。

こういった事も踏まえると、今の段階ではまだまだ

ハイブリッドカーは経済的とは言い難いと思います。

むしろガソリンエンジンの燃費性能を高めた自動車を

選択した方がお得だと思います。

ラビット 買取 流れ

低年式車の買取価格について

中古車を売却する際に重要なポイントになるのが年式や走行距離です。一般に高年式で走行距離が短い車ほど買取価格が高くなり、走行距離が多い低年式車は買取価格が低くなります。ただ、10年10万キロが車の寿命と考えられていた時代とは違い、現代の車はメンテナンスさえしっかり行っていれば、10年落ちあるいは10万キロ以上走った車でも、まだまだ走ります。

ただ、問題なく走っても、走行距離の多い低年式車の買取価格は厳しくなることが多いです。やはり古さは隠せません。特に内装は外装以上に傷んでいる場合は多いです。また、低年式車に対するイメージはあまりよくなく、故障のリスクも高いだろうと判断されてしまいます。

そのため、買取に関しては一か所の業者からだけ査定してもらうのではなく、複数の業者から査定してもらい、少しでも高く査定してくれる業者を探すことが大切です。また査定の前には、室内をしっかり清掃するようにしましょう。シートをハタキではたき、蓄積された埃を落とすなど、普段あまりしていない部分の掃除に時間をかけてみると良いでしょう。

なお、例外的に低年式車でも買取価格が高くなる可能性のある車もあります。それは名車、あるいはプレミアムカーと呼ばれるような車たちです。希少価値が高く、今でも人気があるので、たとえ走行距離が不明であっても、サビを除去し、塗装をし直すなど丁寧なレストアを行って、新車並の価格で販売されています。
車 買取 見積